• topic

  • オリジナルTシャツプリント

  • てづくり オリジナルTシャツ

  • オリジナルTシャツワード

  • オリジナルTシャツのケア

  • オリジナルTシャツのケアその2

  • アクセス

 

 

 

 

 

 

 

 

HOME

てづくり オリジナルTシャツ

 

自分だけのオリジナルTシャツ!


はじめにすることは、Tシャツのオリジナルデザインを考えること!そこで、覚えててほしいのは、あまりにも細すぎるラインなんかは、インクがうまくシルクスクリーンの網目を通らないから、1ミリ以上の線にするってこと!

そして、基本的には1色刷りになるから、できれば1色で表現できるようなデザインがおおススメだよ。さらに、デザインはわかりやいもので、インパクトのあるのもがプリントした際に無地のTシャツにパッと栄えてGOOD!参考としては、細いデザインよりも太いTシャツデザインがインパクトのあるオリジナルTシャツになるね。

 

デザインについては、できるだけパソコンの中で固めておいて、プリンターで印刷できる状態にしておこう。その上で、シルクスクリーンにしっかり収まるようにTシャツデザインを作って、そしてさらにそのシルクスクリーンを木枠に貼り付けた際に、木枠内にちゃんと収まるようにしておくように充分気をつけようね!

TOP

 

OHPフィルムに印刷していこう!

 

出来上がったデザインを今度はOHPフィルムへ印刷していくんだけど、OHPフィルムは普通の紙と違って透明だから、使用するインクの量が増えるんだ。それに、普通印刷ではなくてOHPフィルム用の印刷方法がそれぞれのプリンターの設定でできまるからそれに設定してからプリントアウトしてね。じゃないと、ちゃんと太陽の光を遮るほどのインクがOHPフィルムに定着してくれないんだ。


その後に太陽に透かして印刷部分が透けていないかチェック!透けていなければ成功だよ!もしも、万が一透けてしまった場合は失敗。もういっかいプリンターにセットし直して、重ね塗りのように印刷してズレなければ使えるよ。


ここで注意してほしいのは、重ね印刷する時、OHPフィルムを巻き込む部分でインクがにじむのを防ぐ為に、完全に印刷部分が乾いてからスタートしてほしいんだ。





シルクスクリーンを感光させよう!

 

ひき続き、、、印刷したOHPフィルムの表面にスプレーのりを吹きかけていくんだけど。その時に、デザイン部分にしっかりと吹きかけるように注意してね!1分から2分たったら太陽の光が入らないよう、明かりの漏れない部屋でシルクスクリーンを袋から取り出そう!そしたらシルクスクリーンにOHPフィルムをきちんと貼り付けてね!


この時、OHPフィルムと同じギリギリの大きさでシルクスクリーンをカットしちゃうと失敗してしまう可能性大!シルクスクリーンはOHPフィルムのTシャツデザインに比較して、全体的に3cmから5cm位余裕がある大きさで使おうね。その次に、OHPフィルムを上に向けてシルクスクリーンの下に雑誌などを置き、反射して反対側が露光するのを防ぐんだ。そのままカーテンを開けて太陽に直接当てよう!

太陽露光の時間の目安なんだけど、雲がなく晴れている昼間の太陽で15秒程度でOK。逆にそれ以上太陽露光してしまうと、黒くデザインした影の部分も透かすようにして太陽光がシルクスクリーンを感光してしまいデザインの型抜きが出来なくなってしまうから注意。15秒太陽感光したら、直ちにカーテンを閉めて部屋を暗くするんだ。そして暗いまま洗面所へいこう。


TOP

recommend

沖縄のリラクゼーションサロン
http://www.arjyna.jp/

2017/3/16 更新