• topic

  • オリジナルTシャツプリント

  • てづくり オリジナルTシャツ

  • オリジナルTシャツワード

  • オリジナルTシャツのケア

  • オリジナルTシャツのケアその2

  • アクセス

 

 

 

 

 

 

 

 

HOME

オリジナルTシャツのプリント

プリント方法紹介

 

オリジナルTシャツなどのプリントに最も多く使用されるプリント方法がシルクスクリーンなんだけど、その方法は、シルクスクリーンと呼ぶ「版」を1色につき1版ずつ作成していって、この版にインクをのせて、順序よくTシャツへ印刷していくっていう方法なんだ。また、インクの種類を変えることで色んな種類のプリントが可能になるんだ。そこでこのページでは、オリジナルTシャツの印刷の種類についてご紹介していくよ!
みなさんもプリント方法をマスターしたらさっそく作ってみよう!

アメリカンラバーインク
オリジナルTシャツに特に指定のない場合なんかには、シルクスクリーンにこれを使用していくんだけど、発色も良くてキレイな作品に仕上げることができるんだよ。その上、耐久性にも優れているんだ。


TOP

水性顔料インク
オリジナルTシャツを作る時に水性顔料インクは、生地に染み込むタイプで、印刷する部分にも素材の風合いが活かされるんだ。でも黒や紺など濃い色のボディには、プリントが見えづらくなってしまうんだね。


TOP

発泡インク
オリジナルTシャツを作る時に、発泡っていうのは、印刷部分が泡のように膨らむプリントのことで、ふわーっと丸みのある独特の立体感が出るから、ポップな感じのロゴとかイラストなどにオリジナルなインパクトを持たせてくれるんだ。


TOP

クリアインク
ラバーでプリントした上にさらに重ねて印刷するから、光沢のある仕上がりになるんだ。インク自体は透明だから、ラバーの色味はそのまま再現できるんだね。子供洋服のブランドなどでよく見かける可愛いオリジナルTシャツだよ。


TOP

クラッキングインク
クラッキングをラバーの上にプリントした際にひび割れた感じになるのが特徴で、通常より厚くのせるから、特殊な版を使用しているんだ。わざとレトロな感じのデザインを当てはめたり、逆にポップなイラストを使ったりして使い方次第で自分のオリジナルをアピールできるオリジナルTシャツだよ。


TOP

ラメプリント
ラメ入りを使って、キラキラ輝かせる方法だよ。もはやブランドショップなんかでは定番の方法と言っても過言ではないかも。シルバーやゴールドはもちろんのこと、ラメのカラーも多数あるんだ。


TOP

蓄光プリント
蓄光剤という光を内部に蓄積させて、暗いところで自ら発光するものを用いたものだよ。夜の野外イベントや、ライブハウスなどでオリジナルTシャツを作って目立ちたい!って人なんかには、これはぴったりなアイテムかもね!


TOP

フルカラープリント
フルカラーの写真やイラストなんかを、シアン、マゼンダ、イエロー、ブラックの4色の版に分けて行うことで、細かいドットの集合でフルカラーを表現させるんだ。海外のアーティストTシャツやサーフブランドなどにはこれはよく使われているんだよ。

 

check

留袖はこちら
http://www.tomesode-myselect.com/
全身脱毛 大阪
http://www.datsumohikaku.com/osaka/

2016/10/6 更新


TOP